マザーツリーのバラの庭から

今年も始まりました。ナニワイバラの大展開!

窯小屋を覆い尽くす黄モッコウに次いでナニワイバラが咲き出すと、バラの季節を告げるファンファーレがなったような気がします。
黄モッコウは「曙」 
ナニワイバラはさっと差し込む朝の光といったイメージです。
あまりにトゲがすごいのでちょっと隔離して庭の南端に植えてあります。なので寒冷地でもこの勢い!
意外に花の下は自然のドーム。


すごい枝ぶりやトゲの割には小ぶりの葉なので
明るい涼やかな木陰。プチトマトやハーブを植えたサラダガーデンです。パーゴラから垂れる白モッコウには同じく早咲きのスパニッシュビューティーを合わせてあります。
オープンガーデン開始日にはまだ10日もあるのに
3・4日もすれば一番美しい風景を作るでしょう。
大自然から庭主への「至福の時間の贈り物」といったところでしょうか。一休みのお茶は格別に美味しいのです。